◆◆◆ ユーザーサポート ◆◆◆
 

購入された製品の最新版(または差分)をダウンロードできます。


(1) SPARCstation用 MAX EDITORシリーズ(EtherMAXを含む)

この製品は、バージョンアップされておりません。


(2) SPARCstation以外の MAX EDITORシリーズ

Windows(XPに対応しました)用MAX EDITORをバージョンアップしました(2003/5/11更新:Ver2.1a)。 特別C言語講座にアクセス可能な方のみダウンロード可能です。 詳細は、このページをご参照ください。


(3) Windows 8/7/Vista用 StudyC Ver2
*** Windows 8.1対応版のStudy C Ver2.4をリリースしました。 ***
*** 2012年1月以降に購入された方は、無償でバージョンアップ可能です。 ***

・2014/10/11にサンプル版(無料利用版)をVer2.40bに差し替えました。
Study C Ver2.40bへのバージョンアップ ダウンロード
現在使用中のStudy C Ver2を残したまま、
同じディレクトリにサンプル版をインストールする
とバージョンアップが行われます



(4) Windows Vista/XP用 StudyC Ver2
Study C Ver1ユーザの方は、バージョンアップを行わないとStudy C Ver2は使用できません。
・2004/8/22 Study C Ver2.00aを公開
 Study C Ver2の新しい機能についての説明
 旧バージョン(Study C Ver1)からのバージョンアップについて
・2004/9/25にサンプル版をVer2.00cに差し替えました。
・2004/9/30にサンプル版をVer2.00eに差し替えました。
・2005/6/14にサンプル版をVer2.00gに差し替えました。
・2007/1/15にサンプル版をVer2.00hに差し替えました。
・2007/8/21にサンプル版をVer2.10aに差し替えました。
・2007/11/10にサンプル版をVer2.10bに差し替えました。
・2008/10/11にサンプル版をVer2.10dに差し替えました。
・2009/5/20にサンプル版をVer2.10eに差し替えました。
・2010/1/6にサンプル版をVer2.20aに差し替えました。
・2012/5/13にサンプル版をVer2.20bに差し替えました。
・2013/1/28にサンプル版をVer2.30aに差し替えました。
・2014/10/1にサンプル版をVer2.40aに差し替えました。
・2014/10/11にサンプル版をVer2.40bに差し替えました。
Study C Ver2.10eへのバージョンアップ ダウンロード
Study C Ver2.20bへのバージョンアップ ダウンロード
現在使用中のStudy C Ver2を残したまま、
同じディレクトリにサンプル版をインストールする
とバージョンアップが行われます

・Ver 2.40a
 無料利用(個人向け)のためのログイン機能追加。
 memchr()関数の第1パラメータ書き込み可能領域でないとエラーになる不具合を修正。
 strcpy()関数のプロトタイプ宣言の誤りを修正。
 limits.hなどのインクルードファイルを追加。

・Ver 2.40b
 無料利用(個人向け)のためのログイン機能の機能改善。
 strtok()および_mbstok()関数の第1パラメータが書き換え不能領域でもエラーにならない不具合を修正。
 realloc()関数で正常にデータがコピーされない不具合を修正。
 clock()関数をプログラム実行毎に0に再初期化するように修正。



お気づきの不具合や問題点などありましたら、 こちらから ご報告ください。

お問い合わせ先 ORCHIDのホームページ |  コンピュータ関連のページ |  ソフトウェア製品 Copyright(C) 2003 潟Iーキッド