プログラマーズマガジン Windowsのコンソールアプリケーション



 Windowsでは従来からのキャラクターベースのプログラムをコンソールアプリケーションとして コンパイルすることでほとんど改造することなく使用できます。 コンソールアプリケーションはDOSウィンドウなどから実行しますが、開発環境で紹介した Otermのようなアプリケーションからも、標準出力をパイプでつなぎかえて実行することが できます。 コンソールアプリケーションに関して何か情報がある方や 何か言いたい方は下記のアドレスまでメールしてください。

付)Borland C++4.5でのコンソールアプリケーションの作成 Borland C++5.0へのバージョンアップも近いうちに行われるようですが、 現在の最新バージョンであるBorland C++4.5でのコンソールアプリケーションのコンパイル 方法を説明します。指定方法は非常に簡単でコンパイル時に-WCオプションを付加すれば 良いだけです(例: bcc32 -WC test.c)。linkerを使う場合はc0w32のかわりにc0x32を 使用します。 こうして完成したEXEはDOSウィンドウから実行することができます。もちろん'>'や'<'で リダイレクトすることもできるのですがBorland C++4.5で(バージョンアップで 購入したもの、このバージョンだけの問題かも知れません)コンパイルしたEXEでは リダイレクトを使うことができません(日本語版だけの問題のようです。パッチ名はB45J.EXEとB45JP2.EXE)。
->1996/10現在、www.borland.co.jp/PRODUCTS/LANG/DOWNLOAD/index.htmから、やっと パッチがダウンロードできるようになりました。これで、安心してBC++を使い 続けることができます。また、8/20アップデート版のCD-ROMが送られてきました

 このバグとは関係ないかもしれませんがbcc32.exeコマンドをDOSウィンドウから パラメータなしで実行するとコマンドヘルプが表示されます。これをリダイレクトして 表示すると最後の何文字かが表示されなくなります(Ver 4.52)。
DOS>bcc32 >out
DOS>type out