組み立て1

Study C販売のご案内
Study Cのオンライン販売を行っております。
是非ご利用ください。

MB、HDD、SIMM、各種ボードなどの部品は、すべて静電気で内部が破壊される (見た目は変わりませんが)と考えて組立を行なってください。静電気破壊を 防止するには、部品にさわる直前にケースの塗装されていない部分に両手を さわり静電気を逃がし、ボードの部品面、裏面、端子になるべく触れず ボードの両端だけを触るようにする。

(1)マザーボードの取り付け

今回使用するASUSのPentium Pro用マザーボードです。マニュアルとケーブルが 付属しています。IDEとFDDの接続用ケーブルが付属します。 最初にマニュアルを見ながらジャンパーの設定を変えます。 今回の組み合わせでは変更点はなかったと思います。一応確認はしてください。


ケースのマザーボード取付部には@のような突起とA、B(スペーサと言うと思います)を 取り付けるための穴があります。また、マザーボードにもいくつかの穴があいています。 マザーボードを取付部分にのせてみてマザーボードの穴とケースの穴が一致する部分に スペーサ(ケースに付属)を取り付けていきます。ケースの穴にはM、Aなどの文字が書いてありマザー ボードの種類によって"Mの穴が使われる"というように決まっているようです。
スペーサに取り付けるためのネジもケースに付属しています。


ネジにはミリネジと インチネジが付属していて取り付け場所によって異なります。指などで軽く 回してみて途中で堅くなったり、逆にゆるすぎる場合はネジの種類が間違っています。 写真では左がミリネジで右がインチネジです。

マザーボードのコネクタの両脇についているスペーサをはずします。 コネクタは@RS-232C、Aマウス、Bキーボード、Cプリンタです。


マザーボードを取り付け、ケーブルを接続します(これは細かいのでMBのマニュアルを よく読んで接続してください)。

(2)CPUの取り付け

CPUに付属していたファンを取り付けます。注射器のようなものの中身は CPUとファンとの熱伝導をよくするために使います。


CPUを取り付けるソケットにはレバーがついています。これを基盤面から直角程度に なるまで引き上げCPUを取り付けます。 注射器の中身をCPUの表面に塗りつけファンを取り付けます。

(3)ディスプレイカードとSIMMの取り付け

今回取り付けるSIMM(EDO 32MB 60ns)が4枚とMGA milleniumにメモリを増設 @した8MBタイプのものです。SIMMには片側だけに切れ込みがあります。 このため逆差しができなくなっています。



(4)ブート確認

正常に動作すると画面にこのようなメッセージなどが表示されます。


C言語ゲームプログラミング講座のご案内
ゲームの作り方を解説する講座を始めました。

お問い合わせ先