ワンポイントアドバイス ステップ実行




2014年10月より個人の方を対象に、Study C無料提供を開始しました。
C言語を勉強中の方は、学習・教育に最適なC言語インタープリタのStudy Cを使ってみてください(個人の方は無料です)。
大学・高専・高校などの教育機関での採用実績も多数あるロングセラー商品Study Cが、個人向けに無料提供を始めました。
インタープリタの手軽さに加え、ゲームや3Dタートルグラフィックで楽しく勉強したりと、C言語の学習を強力にサポートします。
ブロック崩しゲーム 3Dツリー クリスマスツリー
また、このようなボタンの用意されているページでは、掲載しているプログラムをStudy Cに直接ロードし実行したりすることができます。
Study Cにロードする Study Cにロードし編集する Study Cにロードし実行する
Study C無料利用についての詳細は、このページを参照してください。



StudyCではプログラムを一行づつ観察しながら実行する事ができます。
まず、次のプログラムをエディタで入力してください。
main()
{
	int	i;

	for(i = 0; i < 10; i++){
		printf("<%d>\n", i);
	}
}


Study Cにロードする Study Cにロードし編集する Study Cにロードし実行する ブラウザとの連携機能が使用可能なStudy Cのバージョンなどについて...
プログラムを入力したらコマンドモードに戻ってください。
コマンドモードでは、ファンクションキーやメニューなどでプログラムを実行できます。 ここではウィンドウ右に表示されるボタンでの実行について説明します。 ボタンの5〜8番目はいずれもプログラムを実行するためのボタンです。 それぞれのボタンの実行形態は次のようになっています。

実行
普通に実行

ステップモード
実行している場所と何を行っているかを一行づつ確認(キーボードで押しながら)しながら実行します。

トレースモード
キーボードによる確認なしにステップモードと同じ画面で実行します。

遅延トレースモード
トレースモードとおなじですが、一行づつをゆっくり実行します。

ステップモードで実行すると次のような画面でプログラムが実行されます。 ウィンドウの上部はプログラムの実行場所、中央部は現在どのような実行を行っているかの説明、下部には実行結果が表示されています。

・画面上部
水色反転表示している行が現在実行中の行です(下記の行が実行中の行です)。
	for(i = 0; i < 10; i++){
・画面中央部(黄緑色の部分)
mainという表示は現在実行中の関数名です。
その他の部分は現在実行中の行の説明です。for文の三番目の式(i++)を実行しています。

[an error occurred while processing this directive]