C言語関数:open





C言語のページでは、次の内容を解説しております。
C言語の入門講座  C言語の文法を中心に、基本的な関数などの解説をしています。
C言語ケーススタディ  C言語での実践的なプログラミングについて解説をしています。
C言語の関数リファレンス  C言語で用意されている関数を解説しています。
C言語で3次元動画プログラム  C言語で3次元タートルグラフィックを使用した3次元の動画プログラムの作成例です。
C言語の検定試験  C言語の文法に関する検定試験を実施することができます。
C言語でゲーム作成  C言語を使用したゲームの作り方を解説したページも用意しております。



2014年10月より個人の方を対象に、Study C無料提供を開始しました。
C言語を勉強中の方は、学習・教育に最適なC言語インタープリタのStudy Cを使ってみてください(個人の方は無料です)。
大学・高専・高校などの教育機関での採用実績も多数あるロングセラー商品Study Cが、個人向けに無料提供を始めました。
インタープリタの手軽さに加え、ゲームや3Dタートルグラフィックで楽しく勉強したりと、C言語の学習を協力にサポートします。
ブロック崩しゲーム 3Dツリー クリスマスツリー
また、このようなボタンの用意されているページでは、掲載しているプログラムをStudy Cに直接ロードし実行したりすることができます。
Study Cにロードする Study Cにロードし編集する Study Cにロードし実行する
Study C無料利用についての詳細は、このページを参照してください。




■open
ファイルのオープン

【分類】
低水準入出力関数

【書式】
int open(const char *filename, int amode, ...);

【パラメータの型と説明】

パラメータ説明
const char *filenameファイル名(パス名)
int amodeチェックするモード
int permissファイル作成時のモード

【機能説明】
filenameで指定したファイルをモードamode でオープンし成功したときはファイルハンドル(0以上の値)を、失敗したときは-1を返します。
ファイルハンドルは、ファイルディスクリプタとも呼ばれます。

・amode

O_RDONLY 読み込み可
O_WRONLY 書き込み可
O_RDWR 読み書き可

以上の3つのどれかと、以下のものを任意個「|」で結びます。

O_APPEND ファイルポインタをファイルの最後に移動します
O_CREAT ファイルが存在していれば意味を持ちません
存在していなければ、ファイルを新規に作成します
O_TRUNC ファイルが既存のときはサイズを0にします
O_BINARY バイナリモード
O_TEXT テキストモード

amodeにO_CREATを指定したときには3番目の引数でpermissを指定できます。

・permiss(ファイルを作成するときのモード)

S_IWRITE 読み書き可
S_IREAD 読み込み可
S_IREAD | S_IWRITE 読み書き可

同様にファイル読み書きのためのオープンにはfopen()関数があります。 fopen()関数は、fread()/fwrite()関数などのバッファリングを行う関数群のためのオープンに使用します。 一方、open関数はread()/write()/lseek()関数などのためのオープンに使用します。 ファイルへの操作が終了したらclose()関数にてクローズします(fopen()関数の場合は、fclose()関数)

open()、read()、write()、close()関数などの低水準入出力関数は、原則的にバッファリングされることなくシステムコール/APIを呼び出します。 このため作り方によってはパフォーマンスが悪化することがあります。 単純にファイルの読み書きを行うことがもくてきであれば、fopen()fread()fwrite()fclose()などの標準入出力/ストリーム関数を使用しましょう。

UNIX時代のC言語では、open()関数はシステムコールとの位置づけでしたがWindows(Win32)ではCreateFile()という関数(API)が内部で呼び出されています。 また、ファイルの読み書きはReadFile()/WriteFile()関数などによって行われます。 CreateFile()APIはWin32 API用のハンドル(HANDLE)を返しますが、これはC言語ファイルハンドルとは別のものです。 C言語のライブラリ関数内では、C言語ファイルハンドルとWin32 APIのHANDLEの橋渡しを行うために内部で配列を用意してます。 CreateFile()APIの返したハンドル(HANDLE)は、この配列に格納されread()、write()、close()関数などで使用されます。 CreateFile()、ReadFile()、WriteFile()などの関数にはテキストモードという概念はなく、ファイルの読み書きに際してデータが変化(加工)されることはありません。

Win32 APIにはOpenFile()というAPIは存在せず、既に存在するファイルをオープンする場合も、CreateFile()APIをでファイルオープン処理を行います。 Win32 APIのファイルI/Oの情報に関しては、Windowsでのファイル操作(1)に記載されています。

【参照関数】
creat
close
read
write
lseek