C言語関数:free





C言語のページでは、次の内容を解説しております。
C言語の入門講座  C言語の文法を中心に、基本的な関数などの解説をしています。
C言語ケーススタディ  C言語での実践的なプログラミングについて解説をしています。
C言語の関数リファレンス  C言語で用意されている関数を解説しています。
C言語で3次元動画プログラム  C言語で3次元タートルグラフィックを使用した3次元の動画プログラムの作成例です。
C言語の検定試験  C言語の文法に関する検定試験を実施することができます。
C言語でゲーム作成  C言語を使用したゲームの作り方を解説したページも用意しております。



2014年10月より個人の方を対象に、Study C無料提供を開始しました。
C言語を勉強中の方は、学習・教育に最適なC言語インタープリタのStudy Cを使ってみてください(個人の方は無料です)。
大学・高専・高校などの教育機関での採用実績も多数あるロングセラー商品Study Cが、個人向けに無料提供を始めました。
インタープリタの手軽さに加え、ゲームや3Dタートルグラフィックで楽しく勉強したりと、C言語の学習を協力にサポートします。
ブロック崩しゲーム 3Dツリー クリスマスツリー
また、このようなボタンの用意されているページでは、掲載しているプログラムをStudy Cに直接ロードし実行したりすることができます。
Study Cにロードする Study Cにロードし編集する Study Cにロードし実行する
Study C無料利用についての詳細は、このページを参照してください。




■free
メモリ割り当ての解放

【分類】
メモリ関数

【書式】
void free(void *ptr);

【パラメータの型と説明】

パラメータ説明
void *ptr解放するメモリブロックのアドレス

【機能説明】
malloc/calloc/realloc関数で確保したメモリブロックを解放します。
解放したメモリブロックは、その後のmallocなどの呼び出しで再利用されます。
ptrはmalloc/calloc/realloc関数で返された値を指定しなければなりません。
この関数に返り値はありません。

free()関数の使用例です。

#include <stdio.h>

main()
{
        char    *p1, *p2, *p3;

        p1 = malloc(256);
        printf("malloc:pointer = %p\n", p1);
        p2 = malloc(256);
        printf("malloc:pointer = %p\n", p2);
        p3 = malloc(256);
        printf("malloc:pointer = %p\n", p3);
        free(p1);
        free(p2);
        free(p3);

        p1 = malloc(256);
        printf("malloc:pointer = %p\n", p1);
        p2 = malloc(256);
        printf("malloc:pointer = %p\n", p2);
        p3 = malloc(256);
        printf("malloc:pointer = %p\n", p3);
        free(p1);
        free(p2);
        free(p3);
}

実行結果は以下になります(値は実行環境によって変わってきます)。

malloc:pointer = 0213F668
malloc:pointer = 0213F770
malloc:pointer = 0213F878
malloc:pointer = 0213F878
malloc:pointer = 0213F770
malloc:pointer = 0213F668

1.malloc()関数で256バイトのメモリを確保します。
2.確保した領域のポインタをprintf()関数で表示します。
3.同様の処理を合計3回繰り返します。
4.確保した領域をfree()関数で開放します。
5.解放後にもう一度、確保から解放までの処理を合計3回繰り返します。

実行する環境によって異なるとは思いますが、表示されるポインタのアドレスを見ていきましょう。
最初の3回のmalloc()関数では、free()関数が呼ばれていません。
このような場合は、ポインタが一方向に大きくなるか、小さくなっていきます(Study Cでは大きくなります)。 しかし、いったんfree()関数が呼ばれると、返されるポインタの値は大きくなったり小さくなったりします。
これはfree()関数で開放した領域が解放され再利用されるためです。 上の例では(Study Cの場合)、最後に開放した領域から再利用されています(確保する領域が違う場合など異なった動作となります)。

【参照関数】
calloc
malloc
realloc