第5章 その他の変更点
 

Study C Ver2のその他の変更点について説明します。

5-1 新規作成ダイアログボックス
ファイルメニューから新規作成(現在のバッファ、新規バッファ)を選んだ場合、下記のダイアログボックスが表示されます。
新規作成ダイアログボックス

・「ディレクトリ(D)」で作成するファイルのディレクトリを指定します。
 「参照(D)」ボタンでディレクトリを選択するダイアログボックスが表示されます。
・「ファイル名(F)」で作成するプログラムのファイル名を指定します。ファイルの種類に応じて生成されたファイル名があらかじめセットされています。
 「参照(F)」ボタンでファイル名を選択することもできます(既に存在するファイルを選んだ場合も空の内容になります)。
・プログラム(P)、インクルード(I)、テキスト(T)でファイル種別を指定します。
・作成ボタンで空のファイルがバッファ上に作成されます。
・「Wizardで作成(M)」では、main作成Wizardを使ってmain関数を作成することができます。


5-2 ビットマップファイル編集ダイアログボックス
ゲームなどを作成するときに使用するビットマップファイルの編集を支援するために使用します。
ツール(T)メニューのビットマップファイル編集(B)を選んだ場合、表示されます。
実際の編集は、Windowsのペイントプログラムが行います。
ビットマップファイル編集ダイアログボックス

(1)新規作成
新規に作成するビットマップファイルのファイル名とサイズ(Xサイズ、Yサイズ)を指定します。 ファイルは、Study CをインストールしたディレクトリのRESディレクトリの下に作成されます(ファイル名のみ指定した場合)。 これらの項目を指定すると「新規作成/編集(N)」ボタンが有効になります。「新規作成/編集(N)」ボタンを押すと指定した条件で空のビットマップファイルが作成されペイントプログラムでオープンされます。

(2)マスクパターン
マスクパターンの作成機能は、既存のビットマップファイルからgl_maskdrawbitmap関数で使用するマスクパターンを生成します。
マスクパターンの生成手順を以下に示します。
・参照ビットマップファイルを「参照(R)」ボタンで選択します。
・選択したファイルに問題がなければ上部左側の選択したビットマップが表示されます。
・表示されたビットマップの中から透過させたい色にマウスカーソルを移動して、左ボタンクリックで選択します。
・「プレビュー(P)→」ボタンを押すと右側にマスクパターンが表示されます。
・マスクパターンに問題がなければ、マスクパターンのファイル名を編集(通常はそのままのファイル名を使用してください)し、「マスクパターン作成/編集(M)」ボタンを押します。
・マスクパターンビットマップファイルが作成されペイントプログラムでオープンされます。

(3)既存ファイルの編集
既に存在するビットマップファイルを編集する場合は、「既存ファイルの編集(E)」ボタンを押します。

※ビットマップファイル編集ダイアログボックスでは圧縮形式のビットマップファイルは使用することができません。


5-3 エディタの変更点
Study C内蔵エディタの変更点について解説します。
エディット画面

(1)画面表示
従来、行末の改行文字は「!」として表示されていましたが、Ver2からは特殊な改行文字として表示されるようになりました。 また、タブ文字も「→.....」のように特殊記号で表示されるようになりました。 もちろん今まで通りの表示状態に戻すことも可能です。 設定の変更については、第3章 環境設定を参照してください。

(2)ステータスバー
表示メニューのステータスバー(S)でステータスバーを表示/非表示にすることができます。
ステータスバーでは以下の内容が状況に応じて表示されます。
・メニューの使い方表示
・エディタ使用時にカーソル位置の単語で下記の解説を表示
  関数の概要表示
  C言語予約語の概要表示
  プリプロセッサの概要表示
※メニューの使い方表示は、コマンドモードでも表示されます。

(3)スクロールバー
水平スクロールバー(デフォルトでオフ)が表示可能になりました。表示/非表示は表示メニューの水平スクロールバー(H)で行います。
垂直スクロールバーも修正されスクロールサムのサイズがスクロール量に応じて変化するようになり、サムをドラッグして移動している間もスクロールするようになりました。


5-4 メニュー
Study C Ver2では、以下のメニューが変更されました。 (1)ファイルメニュー
ファイルメニューのプログラムロード/作成に関する部分を下記のように変更しました。
  新規作成(N)
    現在のバッファ(L)... この2つのメニューは、「新規作成」のサブメニューです。
    新しいバッファ(N)... 新規作成ダイアログボックスが表示されます。
  開く(O)
    現在のバッファ(L)... この2つのメニューは、「開く」のサブメニューです。
    新しいバッファ(N)... 通常のファイル選択用ダイアログボックスが表示されます。

(2)表示メニュー
  表示メニュー(M)
    ツールバー(T)
    垂直スクロールバー(V)
    水平スクロールバー(H)
    ステータスバー(S)
    つねに手前に表示(T)
    全画面表示(M)
  初期表示状態に戻す(D)
表示メニューで変更した状態は、プログラム終了時に保存され次回起動時に反映されます。 また、「初期表示状態に戻す」メニューで状態を初期値に戻すことができます。

(3)ツールメニュー
設定メニューをツールメニューに(T)に変更しました。
  ツール(T)
    設定(E)...
    実行時の設定(R)...
    エディタの設定(E)  ←エディットモードの時のみ
      設定メニュー1(1)
      設定メニュー2(2)
      設定を戻す(R)
      ファイル属性(F)
    ビットマップファイル編集(B)...
    解除キー登録(K)...

(4)ヘルプメニュー
ヘルプメニューに次の項目が追加されました。
  関数リファレンス(R)...
  StudyC Ver2について(2)


5-5 その他
・コマンドラインのdelコマンドで、ファイル削除からゴミ箱へ移動に変更しました。
・エディタのファイルメニューでのファイル削除で、ファイル削除から移動に変更しました。
・印刷ダイアログで選択されているプリンタ名を表示するように変更しました。
・StudyCの複数起動の禁止/許可を設定できるように変更しました。 設定の変更については、第3章 環境設定を参照してください。


お問い合わせ先 前の章 |  SCV2目次 |  C言語学習塾 Copyright(C) 2004 潟Iーキッド